戸籍の附票が必要

廃車買取で戸籍の附票が必要になるケース

自動車を購入すると、購入時点の住所や氏名が車検証に記載されますが、引っ越しや結婚によって車検証の名義や住所が変わってしまう場合があります。苗字や住所が変わっていても本人であることが確認できれば廃車買取を利用することができますが、そのためには特定の書類を準備する必要があります。

変更になった内容によって必要書類が異なりますので、廃車買取店を訪れた際に忘れずに確認する必要があります。
引っ越しで住所が変わった場合に、1回の変更であれば住民票があれば手続きが可能ですが、2回以上引っ越しにより住所が変わった場合には住民票ではなく戸籍の附票が必要になります。戸籍の附票とは住民票の移り変わりを記録した書類となりますが、本籍地の役所で戸籍とセットで管理されています。

ですから附票が必要になった場合には、本籍地の役所から発行して貰う必要があります。

複数回の住所変更が合った場合には附票が必要ですが、結婚によって苗字が変わった場合には戸籍抄本か謄本が必要になります。附票と同じく戸籍抄本や謄本も本籍地の役所から発行してもらうことが可能です。

苗字の他に住所が変わっている場合には、戸籍抄本と附票が必要になりますので、ケースに合わせて必要書類が変わる点に注意が必要です。買取店では査定時に車検証を必ず確認しますが、車検証の他に運転免許証などの身分証明書を求められるのが一般的です。身分証は査定時には必要のない書類ですが、売却する際には必要書類を判断するためにも大切なものとなります。廃車専門店のスタッフが必要書類の説明をしてくれますので、指示に従って書類を準備することがポイントになります。

廃車専門の買取店では、買い取った車を廃車として処分するだけではなく、価値のあるものは中古車として流通させる場合があります。また業務上の都合からすぐに廃車にせずに保管しておく場合がありますので、一度業者の名義に変更する流れとなる場合があります。名義変更に必要な書類が廃車に必要な書類となりますので、確実に準備することが重要なのです。

場合によっては他人名義の車を譲り受け、名義変更せずにそのまま使用している場合があります。その場合には名義人の委任状が必要となりますが、すぐに委任状を求めることが難しい場合があります。名義人が亡くなっている場合がありますし、遠方に引っ越ししているなど簡単ではないケースがありますので、廃車買取店を利用する前に車検証の内容を確認することが大切だと言えます。