廃車を買取

購入の登録抹消をして廃車を買取してもらう

廃車と聞くとまったく使えない古びた車をイメージすると思いますが、実は、購入の際に行った登録を削除した車を廃車といいます。車を手放してスクラップする場合の「永久抹消登録」と、車を使わない間だけ一時的に廃車扱いにする場合の「一時的抹消登録」があります。一時的抹消登録はオークションなどで他人に譲渡するときにも、安全のためにも行ったほうがよい手続きになります。

まず、どちらの抹消登録の手続きも陸運局で行います。そのときに必要なのが、車検証ですが、車のダッシュボードに入っていることが多いので忘れず、とっておきましょう。

前後のナンバープレートも返納しなければならないので取り外します。ネジでとまっているのでドライバーで簡単にはずすことができます。ナンバープレートをとってしまうと、公道を走ることができないので、はずすタイミングを考えましょう。実印と市役所や区役所などで発行してもらえる印鑑証明書、抹消登録申請書を用意します。

抹消登録申請書は陸運支局などで手に入れることができるので、前もって書いておいてもいいですし、手続きをしに行った時に記入しても構いません。

永久抹消登録の場合は、解体業者に依頼し、スクラップにしてから抹消手続きを行うと、手続きの際に「解体報告記録日」と「解体に係る移動報告番号」が必要になります。

スクラップを依頼した解体業者からの連絡がくるので覚えておきましょう。陸運局での手続きのときに、解体をしてもらうようにお願いすることもできます。廃車にする抹消登録は、車によって差はありますが無料で行われます。

解体をする場合には、解体にかかる費用を支払うので用意しておきましょう。また、リサイクル料を払っていない場合はリサイクル料を支払います。自動車税を払っていない場合は廃車にしたあとで支払うことができます。
車の買取をしてもらう場合では、買取業者が廃車手続きの全てを代行してくれるところもあります。必要な書類や必要なものなどもわかりやすいですし、個人でやるよりもミスをする心配もありません。陸運局にも代わりに行って最終的な手続きもしてくれるので、時間がなかったり、面倒なことが苦手な方は業者にお願いしてしまうといいですね。
買取はせず廃車だけをする場合でも、廃車手続き代行の業者があります。廃車の引き取りもしてくれるため大変便利です。書類などは郵送で送ることもできるので一度相談してみるとよいでしょう。