廃車手続きに戸籍謄本

買取店での廃車手続きに戸籍謄本は必要?

車の廃車手続きをするときには、車買取店でもしてくれます。もちろん、陸運局まで自分で出向いて行うこともできます。しかし、買取店などに廃車手続きを委任することで、ややこしい手続きを比較的簡単にすることができるのでおすすめです。

いくら委任できると言っても、やはりいくつかの書類など必要なものはたくさんありますから念のためにチェックしておいたほうが廃車手続きも早く終わるでしょう。

まず、車検証(原本)、自賠責保険証、印鑑証明書、リサイクル券(持っている場合だけ)、自動車登録専用譲渡証明書、自動車登録専用委任状などが必要です。もしも、車を登録したときと今の住所や苗字などが違う場合にはそれに応じた書類が必要となります。

1回住所が変わっただけなら住民票、2回以上住所が変わっている場合には住所の記録、苗字が変わっている場合には戸籍抄本や戸籍謄本が必要です。廃車にする車の名義人の氏名変更をしていない場合には必ず必要な書類となります。

以上は普通自動車の場合です。軽自動車の場合には、もう少し簡単となります。車検証や自賠責保険証、リサイクル券、軽自動車申請依頼書などです。
基本的には、普通車も軽自動車も、廃車として抹消登録時に車検の残りの期間が1カ月以上の場合、重量税の還付を受けられる可能性があります。これは適応されるかどうかを確認してみるといいでしょう。

これらの手続きは、人によっていろいろと方法や必要書類が変わる場合があります。たとえば、ローンなどで車を購入していて、そのローンの返済が終わっていない場合にも違います。また、車の持ち主が未成年だった場合や持ち主が亡くなっている場合なども必要な書類が変わってきます。

もしも自分で陸運局へ行って手続きをする場合には、一度電話で事情を説明してきちんと確認してから出向くようにしましょう。何度も足を運ぶことになるとなかなか大変です。

廃車で解体処分を考えている場合でも、買取りをしてもらうつもりでも、やはり専門の会社やお店で相談してみたほうが、自分で調べる負担はかなり減り手続きも早いのではないでしょうか。業者の中には、無料相談などを行っているところもあります。自分の状況をわかりやすく説明できるように車検証や自賠責保険証などを手元に用意し、電話やネットなどから相談をしてみましょう。最近ではメールやWEBで簡単に聞くこともできます。忙しい方にもぴったりで良い方法ではないでしょうか。