パーツ販売店に買取に

廃車にするよりもパーツ販売店に買取に

古い車に乗っていて、車検の時期が近づいてくるの車検を通すよりも、そのまま廃車にしてしまおうと考える人は多いですよね。

車が古くなってくると、車検を通す際にも整備をする必要がある箇所が増え、その分余計にお金がかかるため何時まで乗るともわからない車にお金をかけるよりも、廃車にしてしまった方が良いと思うのもおかしなことではありません。

しかし、日本の車というのは非常に高い耐久性を持っているため、実際には多少古くても問題なく乗り続けることができるのです。

日本では10年、10万キロを超えると車の寿命だといわれることも多いのですが、特に最近の車であればこの程度であればまだまだ乗り続けることができる距離であり、その気があればいくらでも乗ることができるのです。
それでは、なぜ10年、10万キロが寿命といわれてしまうのかというとまず多くの人が、この辺りを寿命と考えているためです。

つまり、このような車に乗っている場合、売りに出そうとしても多くの人がこの辺りが車の寿命だと思っていれば当然値段がつかないので、売ることができなくなってしまいます。
そのため、車としての動作に問題が無くても商品としては価値がなくなってしまうため、その点で言えば寿命というのは間違っていないのです。

また、いくら頑丈とはいえこの時期になってくるとあちこちの消耗品を交換する必要が出てきます。

これらを交換すればまた、10年でも10万キロでも走行をすることができるのですが、それには何十万というお金がかかることになり、それに少し金額を足せば質の良い車を簡単に買うことができる日本では、わざわざ部品を交換して乗る利点というのは少なくなってしまいます。

そのため、この時期に差し掛かった車というのは買取手も無く、廃車にするしかないと考えられているのです。

しかし、実際には廃車にせずとも買取をしてくれる場所というのは探せばいくらでも見つかるもので、パーツ販売をしている店などであれば、車の状態がいくらくたびれていようとも価値のある部品が残っているのであれば、買取をしてくれるのです。

もちろん、中古車屋に買取してもらうような高額とまでは行きませんが、それでもお金を払って廃車にしてしまうよりも逆にお金になる方が経済的ということは言うまでもありません。

また、日本では価値の無い車であったとしても信頼性の高い日本の車は海外では人気があり、高く売ることができるため、そのような販売ルートを持っている場所であれば、思わぬ高価買取をしてもらえることもあるのです。